www.translatorsfactory.net
加盟店舗で全部の所有カードが決済可能なのでもありません。■クレカ会社の契約店は多くのカード会社と契約していますが、残念なことに一切の契約店で一切のサービスの決済可能なわけじゃありません。古い店舗のときはJCBのロゴの書いてあるクレジットカードしか決済できないときもありますし、最近できたショップならばVISAとかマスター名前の書いてあるやつしか決済できない場合もよくあります。ディスカバーに類するクレカの場合、さらに使用できないショップが増えるでしょう。どの印のクレジットカードが使用できるかをどうやって見分けると良いか「じゃあいかなる方法でどのロゴの所有クレジットカードが使えるか見たらいいのか?」という質問だけどちゃんとチェックするには店舗の担当者に見せてみるほかないというのが実は正しい答えです。ただおおよその商店やレストランには目につきやすい部分に決済できるクレカの印がプリントされた認証マークが付けられている理由から「そうか、あそこのショップはVISAカードが決済できるんですね」といった感じで分かりやすいようになってるし心配しないようにしていただけるとよいと思います。しかしながら、正確に案内が行き届いていない加盟店舗で使うときにはロゴシールが掲示されている店舗でも「ここではお持ちのカードはご決済いただけません」などの返答をされてしまうなどということもないともいえず途方に暮れてしまう場合だってあるでしょう。欲を言えばできる限りは十分な数の加盟店でクレジットカードが決済できるようにしようとすると異なる種類のグループ(国際マーク)が書かれている一般的なVISAカード、ダイナースカード、アメリカンエキスプレスカード、といったクレジットカードを2枚以上使えるようにしておくようにしたほうがよいと思います(例:ライフカードを使っているなら次はディスカバーカードがついているクレカを財布に入れておくといった方法)。日本ではVISA、マスターカード、JCBの3つの印が入ったクレジットカードをそれぞれ財布に入れておけばだいたい日本各地の加盟店舗で少なくとも1枚のカードを使う機会があります。クレカを使って有効的にマイル取得を継続していくには、早いうちに上記のクレカを使えるようにしておいて損はないでしょう。